0120-739-002

学生ローンと過払い金について・完済している方・返済中の方

金銭的につらい学生時代に奨学金を借入していたり、生活費で苦労したという時代に学生ローンを借入していたという方も多いと思います。


学生ローンも消費者金融やクレジットカード、信販系と同様に金利が高い時期がありました。

現在も借入中や、すでに返済は終わったという方は過払い金が発生している可能性があり、借金がなくなったり、お金が返ってくるというケースがあります。


また、今現在も学生時代からの借入で返済に苦労しているという場合には債務整理をして返済をらくにする方法もあります。


すでに完済している方は時効が近い可能性があるのですぐに無料相談をご利用ください。


学生ローンと消費者金融のローンの違いって?

一般的な消費者金融(アコム・アイフル・プロミスなど)やクレジットカード(エポス・クレディセゾン・オリコなど)のカードローンの貸付対象者というのは、社会人で定期的な収入がある方を対象にした貸付です。


ただし、カードローンが学生だからという理由で借入ができないというわけではありません。


アルバイトをしていて収入がある場合には学生時代からカードローンと学生ローンを両方利用していたという方も多くいらっしゃいます。


両方借入していた場合には借入時期によりどちらも過払い金が発生しているというケースがありますので、弁護士や司法書士に相談する時には借入していた貸金業者すべてを申告しましょう。


【過払い金が発生している可能性のある主な学生ローン】

無料相談全国対応!

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。


ブラックリストってどうなるの?

借金をしてしまうと、ブラックリストという言葉を耳にする機会も多く、気になる方もいらっしゃるでしょう。


実際にはブラックリストというものは存在しません。


具体的に説明すると、借入の申し込みをしたときに貸金業者は個人の信用情報というものをかならず確認します。


その信用情報に過去、他社から借入して延滞を繰り返していたり、債務整理をしていたという情報が載っていれば貸金業者はその人にお金は貸しません。


この事故情報が登録された状態が「ブラックリストにのる」と言われている状態です。


学生ローンやカードローンを利用していたことがある場合、例えば、一回だけ借入して翌月には完済したということであれば信用情報には影響はありませんが、何カ月も滞納したり、複数社から借入を繰り返していて自転車操業の状態になっている場合などは、クレジットカードや新たな借り入れの審査に通らないということになります。


信用情報機関は3つあり、貸金業者は必ずどれかの信用情報機関に加盟しているということになります。


3つの信用情報機関は法律で情報を共有することを義務付けられているため、事故情報が登録された信用情報機関がひとつだけでも、結果的にはすべて貸金業者に見られてしまうと理解しておきましょう。


【3つの信用情報機関】



① JICC(株式会社日本信用情報機構)

→消費者金融、金融機関、クレジットカード会社、信販会社などの業種も加盟している国内で唯一全業態を網羅する国内最大の信用情報機関です。


② CIC(株式会社シー・アイ・シー)

→クレジットカード会社系の信用情報機関。 主な会員はクレジットカード会社と信販会社ですが、一部の消費者金融会社や銀行なども加盟している場合があります。


③ KSC(全国銀行個人信用情報センター)

→銀行を主な会員とする信用情報機関。 銀行や政府関係金融機関(奨学金)などが加盟しています。


無料相談全国対応!

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。


学生ローンを借りていて完済している人

学生ローンを借りていて完済


過去に学生ローンやカードローンで借入していて完済しているという方は至急、過払い金が発生していないか調査する必要があります。


過払い金が請求できる権利には時効があります。


返済が終わった最終取引日から10年以上経過してしまうと請求ができなくなります。


学生ローンの場合には大手企業ではなく、小さい会社が多いため、つぶれてしまうといくら過払い金が発生していても請求先がなくなります。


完済している過払い金を請求することは学生ローン・カードーローンどちらの場合であってもブラックリストにはならず、信用情報機関にも一切影響はありませんので、安心して弁護士や司法書士にしてください。


無料相談全国対応!

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。


学生ローンを借りていて返済中の人

学生ローンを借りていて返済中


学生時代に借入した借金を今も返済中の場合、借入期間が長ければ長いほど過払い金が発生している可能性があります。


急いで弁護士や司法書士に相談しましょう。


返済中の場合には、まず過払い金がいくら発生しているのかを返済を継続した状態で調査することで、ブラックリストに載ってしまう状況をふせぐことができます。


調査をした結果、過払い金が発生している場合には、現在残っている借金と相殺することが可能なので借金を払う必要がなくなる可能性があります。


また、残っている借金以上に過払い金が発生していた場合には、弁護士や司法書士に依頼をする費用も過払い金でまかなえて手元にお金が戻ってくることになります。


当事務所では無料調査をおこなっているため、信用情報機関に影響を与えず金額を調べることが可能です。


ブラックリストを必要以上に恐れる必要はありません。

無料相談全国対応!

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。


学生ローン以外の借金もある。返済が苦しい人

特定調停


学生時代に生活が苦しくて学生ローン以外にもカードローン、消費者金融から借入していて今現在も返済中という場合には、債務整理を検討してみましょう。


債務整理とは、借金を減額したりゼロにするという手続きです。


債務整理をすると、どの手続きをした場合にも共通するデメリットはブラックリストに載るということです。


しかし、何年も返済しているのに先が見えない借金生活から抜け出せる方法であることは間違いありません。


ブラックリストに載るといっても一生載るわけではなく、手続きにもよりますが5年~10年たてば消滅します。


利息のみの返済になってしまっている場合には、債務整理をしなければ借金は一生減りません。


また、延滞してしまっているという場合には放置すると銀行口座が凍結してしまったり、裁判になってしまったりとご自身がさらに困る状況になってしまいます。


債務整理にはどのような手続きがあるのか理解した上で、ぜひ検討してみてください。


司法書士に依頼する債務整理手続き

☞①任意整理

☞②個人再生

☞③自己破産

☞④時効援用

①【任意整理(にんいせいり)】

債務整理手続きの中でいちばん広く手続きされているのが任意整理です。


任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼をして、貸金業者との今後の返済についての交渉を代理人としておこなってもらえるという手続きです。


任意整理手続きをすると、残っている借金に対して、今後の利息をゼロにしてもらうことができ、さらに残っている借金を3年~5年で分割払いをしていく手続きです。


利息がなくなるということは非常にメリットが大きく、例えば50万円の借金が残っていて5年(60回)で返済していく話がまとまると、月々1万円以下の返済額に抑えることが可能になります。


また、任意整理には手続きしたい業者を選べるという特徴があります。


そのため、連帯保証人がついている奨学金などの借金は手続きをせず、カードローンや学生ローンのみ任意整理をおこなうということが可能です。


②【個人再生(こじんさいせい)】

個人再生とは、守りたい財産(自宅・土地・車など)がある場合に手続きする方が多く、裁判所を通した手続きです。


裁判所に返済の計画案を提出して、認められれば、原則、借金を5分の1まで減額することができ、減額された金額を原則3年~5年で返済をしていきます。


個人再生の特徴は、住宅ローン特則(とくそく)という制度があり、この制度が利用できれば、住宅ローンを継続的に返済していくことで自宅に住み続けることができます。


住宅ローン返済中で、他の借金が住宅ローンの返済に影響を与えそうな場合は、弁護士や司法書士にすぐに相談しましょう。


③【自己破産(じこはさん)】

自己破産手続きは裁判所を通した手続きで、裁判所で認めてもらえればすべての借金をゼロにしてもらうことができます。


自己破産には、同時廃止(どうじはいし)と少額管財(しょうがくかんざい)の2種類があり、どちらの手続きになるかは最終的には裁判所が判断することになります。


自己破産の手続きはすべての借金をゼロにしてもらう手続きのため、一部だけ(奨学金・友人には返済したいなど)手続きしないということはできません。


そのため、連帯保証人がついている借金がある場合は、保証人に請求がいってしまうので自己破産を検討している場合は保証人と話し合い、トラブルを回避する必要があります。


④【時効援用(じこうえんよう)】

時効援用とは長期間、借金の返済をしていないという場合に、借金の返済は時効だという「権利を主張」することによって返済をしなくてすむという方法です。


時効が成立する期間は基本的に5年返済していなければ、時効援用の手続きをすることによって成立する可能性が高いです。


ただし、5年間返済をしていなくても、期間の途中で時効が中断してしまう行為や発言をしてしまった場合には時効の中断事由に該当してしまい、さらにその時点から5年間の期間を待つ必要があります。


また、ご自身の時効が成立しているかわからないという場合には弁護士や司法書士に依頼をして、過去の取引履歴を取り寄せることによって最終返済日から何年経過しているか調べることが可能です。


【時効中断事由】

① 請求・・請求とは、単純に相手から普通郵便で請求書が送られてきているというだけでは該当しません。


あくまで相手側が訴訟など「裁判上の請求(訴訟と支払督促)」手続きをしてきた場合です。


② 差押え、仮差押え・または仮処分・・差押えとは、債務者が支払をしない場合に、貸金業者が債務者の財産を処分できないようにしてしまうことです。


差し押さえは貸金業者側が判決や公正証書などの強制執行力がある書類で債務名義(さいむめいぎ)を持っている場合にできる手続きです。


③ 承認・・承認とは、借りている側が借金の存在を認めてしまうことです。口頭でも書面でも借金の返済義務を貸金業者側に認めた発言をしてしまうことで時効が中断します。


途中で借金の一部を返済することも借金を認めたと主張されることもあるので注意しましょう。


無料相談全国対応!

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。


奨学金に影響がでないように借金問題を解決する方法

奨学金に影響


奨学金を借入している場合、両親や親族が連帯保証人になっているケースが多く、債務整理手続きをとってしまうと連帯保証人に請求がいってしまいます。


そのため、まずは返済が困難になったら独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に相談をして返済を猶予してもらう申請をしましょう。


返済の猶予にはいつくか種類があり、ご自身の状況に合わせて選択することになります。


独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に申請をしても許可がおりなかったという場合には、債務整理の手続きをとる必要があります。


両親や親族に迷惑をかけずに債務整理手続きをしたいという場合には、奨学金はそのまま返済を続けていき、それ以外の貸金業者の借金を任意整理や特定調停の手続きすることで連帯保証人に影響を与えず債務整理できます。


自己破産や個人再生の手続きを選択すると、奨学金だけを手続きから外すということができないため注意が必要です。


どうやって自分に合った債務整理方法を選択すればいいのかというのは、奨学金以外の借金がどの程度あるのかや、収入などのバランスをみて検討する必要があるため、弁護士や司法書士の無料相談を利用しましょう。


【奨学金の返済猶予制度】

無料相談全国対応!

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。


学生ローンの調査・無料相談は【司法書士法人みつ葉グループ】へ

司法書士法人みつ葉グループ


学生時代に奨学金を借りたり、アルバイトをしながら学生生活を送り、返済が困難になってしまうということは誰にでも起こりうることだと思います。


多額の借金を抱えてしまったまま、卒業後の就職や転職などが上手くいかず、仕方なくさらに借金をしてしまったという方もいらっしゃいます。


借金で卒業後の生活が圧迫されているという相談を頂くケースがおおく、借入期間が長期にわたっていて過払い金が発生していたということも少なくありません。


まずは、当事務所の無料相談でお話を聞かせてください。


過払い金の調査も無料でおこなっておりますので、返済がすでに終わっている方も、ぜひ無料相談をご利用ください。


当事務所は全国対応、電話・メールで相談を承っております。

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。

page top